海外輸入!斑入りモンステラのタネとフィンガーライムのタネ!種から育て方!

久しぶりの海外タネ輸入です!

どーも、

こんにちは。

そう、久しぶりの海外からタネが届きました!

とは言っても1か月振りくらいなので、

久しぶりとが言えないかも~(;’∀’)

さて、

今回届いたのはこちら、

モンステラの種

左が斑入りモンステラの種で、

右がフィンガーライムの種です。

モンステラの種

モンステラの種

モンステラのタネ

本当にモンステラの種なんでしょうか?

以前に輸入した食虫植物の種は全部

発芽しないというまさかの結末になっています。

ブログでは、植えた所の記事を載せたのに

その後の状況がアップされないのは

そう言う訳です(^^;

だけど、本当にモンステラだとしても、

斑入りでは無いんでしょう。

まあ、それは良いとして~

こちら、フィンガーライムのタネ

フィンガーライムの種

前回輸入したフィンガーライムのタネが

まだ余っているので比べると、

今回のタネは一回り小さくて茶色いです。

フィンガーライムの種

これも、信ぴょう性に欠ける。。(^^;

と言う事で、今回はカット綿にタネを植え付けてみます。

無菌と言うことで。。

カット綿

タッパーはパストリーゼで殺菌して置きます。

アルコールです。

パストリーゼ

タッパーに植えるのね。。

カット綿(脱脂綿)をしいて、

脱脂綿の苗床

モンステラのタネを撒きまき(^^♪

モンステラの種

ベンレート水和剤を水として入れます。

殺菌もかねてね。、

殺菌剤投入

今回水苔じゃないの~

カビるから!

じゃあ、

蓋を閉めて~

パッキングタネ

新聞でキャンディーにします。

タネを包む

完成!(‘◇’)ゞ

暗くした方が発芽するのか解らなかったのですが、

とりあえず暗くしてみます。

そうそう、種の発芽には、

好光性嫌光性があって、

土に埋めたりして暗くしないと発芽しないタネと

土に埋めたりしないで、明るい環境じゃないと発芽しないタネが

あります。

なんとなく暗くした方が良いかな~って、、(^^;

今回モンステラのタネは

失敗しても良いように半分だけ嫌光性

として撒きました。

もし好光性だったら発芽しないので、

もう半分のタネを明るい環境で育ててみます。

どうだろうね。

フィンガーライムのタネは、また次回に植えたいと思います。

話は変わります。

またまた、ダイソーでウンベラータが売っていたので

即買いしてきました!

100均ウンベラータ

もしかして、結構売っている?

100円観葉でウンベラータは珍しいから

見つけたら買うのです。

そう、ホームセンターで、

もっとしっかりしていて

鉢付きで300円でウンベが売っていますが、

やっぱり100円ウンベが良いんです。

大好き(#^^#)ウンベ!

また売っていたら買うと思います。

どんだけ増やすのか~!

では。。(・ε・)