ペペロミア ニューピンクレディの葉差し&フィンガーライムのタネが届いた!

レモンのタネみたいだね!

どーも、

こんにちは。

今日は、ペペロミアピンクレディと

フィンガーライムのタネが届いたので

紹介します(*’ω’*)

それでは。

ペペロミアが、

こんな感じになっております。

枯れかけてる?

ペペロミア ニューピンクレディ

調べると、このペペロミア ピンクレディは

中級者向けの観葉だそうで、

育てるのはちょっと難しいようです。

と、良い訳を言いつつ。。(^^;

枯れる前に、葉差しを試みてみます。

カッターで葉を数枚、さくっと!

ペペロミア ピンクレディ

ハサミを使わないで切るのは、

茎をなるべく潰さないように切るためです。

弱ってるのに導管をつぶすと

水の吸い上げが悪くなりそうだからです。

ダメかもね。。

ペペロミア ピンクレディ葉差し

紙コップにメネデールを数滴と水を入れます。

ちなみにメネデールとは発根促進剤です。

メネデール

今回、紙コップの中の水は少なめで、

切り口が少し水に浸かる程度にしています。

水が深いと茎が腐ると言う口コミを見たからなんですけど

ペペロミア 葉差し

それでは、根が出てくるのを

気長に待ちます。

さて、

話は変わります。

先日、ポチったタネ

海外輸入のフィンガーライムが届きました~(^^♪

今回、2つです。

タネ輸入

何種類か注文したので、

小分けになっていました。

フィンガーライムのタネ

2社に注文して届いたのですが、

どう見ても同じ包みで、同じシールが貼っています。

左3個と右の6個で違う業者のはず。。

まあ、それは良いでしょう。

フィンガーライム育て方

フィンガーライムは、今回、

中国から輸入したのですが、

本来オーストラリアの植物だそうです。

これ。

フィンガーライム種

レモンのタネじゃん( ;∀;)

見慣れたレモンのタネ

そのままです。

レモンもライムも同じ仲間ですから

そうなんですね。

こういう感じのタネが届くと思っていたのですが、

これは実なのか~( ゚Д゚)

フィンガーライム

育て方は、通常のライムと変わりないようなので

次回、種まきしたいと思います。

では。。(・ε・)