シェフレラコンパクタ白斑の植え替えと育て方、ココロバのタネからの育て方⁉

発芽率が悪いし遅い(;゚Д゚)

どーも、

こんにちは。

今日は、成長しないシェフレラコンパクタ白斑入りの

植え替えと、ココロバの

前回残した、発芽タネを植えていきます。

さて、

今、家にあるタネ、

そろそろ全部植えなくては

来年に持ち越してしまう。。(;^_^A

特に、

元々発芽率の悪いココロバ(シーグレープ)のタネ

来年だと発芽しなくなるんじゃないか?

とか思っているのですが、なかなか実行に移せていません。。

やらねば。。。やれよ(# ゚Д゚)

と言う事で、

話は変わります。

こちら、ダイソー出身のコーヒーの木

葉が垂れています。

水が切れるとすぐ、こうなります。

解りやすくて( ・∀・)イイ!!

水をたっぷりとあげると、

数時間で、この通り!

シャッキっと葉が上がります。

コーヒーの木は育てやすいね!

さてさて、

ココロバの育て方、実生です。

植え替え前提ですから、

3号ポットに

土は、特にこだわらず簡単に観葉植物の土

底には鉢底石を敷いています。

暖かくなって、虫が出始めているから

今回は、オルトランDXを始めから混ぜてみます。

ちなみに、オルトランは匂いがきつく

オルトランDXの方が少しは臭くない。

でも、臭い。。(;´∀`)

そして、こちらの赤い鉢は、

シェフレラの植え替え用です。

これにもオルトランDXを混ぜ混ぜ。

植え替えするのは、

このシェフレラコンパクタ白斑入り

コンパクタの白斑入りと言うのは、

僕が勝手に言っているだけで、実際には正体不明の

シェフレラです。

販売名は観葉植物だったような(;^_^A

このシェフレラは、成長しなくて困っていました。

土が、セラミスだったのが原因?

セラミスとは、焼いた陶質の粒で土ではありません。

どちらかと言うと水栽培な感じ。

ハイドロボールと同じかな?

なので、本物の土に植え替えれば、

成長するはず。。

抜いてみると、

成長期の今時期にも関わらず、

新根が出ていません。

真ん中をよく見ると、オアシスに刺さっていました。

オアシスとは、生け花やアレンジメントで使う

給水スポンジの事です。

こちら、緑のやつ見た事あるよね。

オアシスを差し木の苗床に使うやり方もあるんですね。

今度やってみようかな?

さてさて、その、

オアシスを取り除こうかとしましたが、

根を痛めそうだったので、

そのまま植え替えしました。

こんな感じになりました。

成長するでしょう(#^^#)たぶん。。

話は戻ります(^^;

ココロバの実生の続き

上に写っているパックにココロバのタネを植えてあります。

以前に植えた記事はこちら

パックの中で発芽しています。

発芽しなかったタネは一部カビていますね。

まだ、根が出たばかりのタネもありました。

どんだけ個体差がある?

発芽した芽を全部植え付けます。

水をたっぷりとあげて完成(^^♪

しばらくは水切れしないように

管理して育てます。

ココロバの実生は温度が重要な気がします。

暖かくないと発芽しない。

それと、たっぷりの水分、

その為、非常にカビやすいのでタネの殺菌は必須です。

僕の見解なので間違えているかも知れませんが

参考までに、、

では。。(・ε・)