ココロバのタネから育てたら。その後。乾燥水苔から水苔が生えてきた(;´Д`)

やっと、春らしくなってきた

札幌でございます!

どーも、

こんちは。

植物が楽しくなってきました。

冬の間は、じっと我慢して、

成長の止まっていた子たちが一気の新芽を出してきました!

今日は、前にタネまきから始めた、ココロバ(はまべぶどう)の

その後をレポします!

と、その前に

みんな大好きモンステラ

ハーフカラーが人気の斑入りバリエガータ

去年増やした株です。

いい感じに仕上がってきています!

この色合いで成長したら見応えありそうですよね(^^)

今年もすこしづつ増やしていけたら良いな〜

と言う事で、

話は前後します。

ココロバです!

第2弾で、タネまきしたココロバも最初にタネまきした物と

一緒にしていれました。

本葉が出てきているのが、第1陣のココロバです。

とにかく成長が遅い(;・∀・)

冬だったから仕方ないのかな?

残念ながら、枯れた物もあります。

第2陣のココロバは、まだ芽が出始めたばかりの物もあります。

どちらも、ミズゴケで発芽させてから

ミズゴケごと土に入れています。

去年、土に直接直植えしたココロバが一つも芽が出ず

全滅したので、

やっぱり、ミズゴケで発芽させる方法は間違えでは

なさそうです。

ただ、消毒はちゃんとやらないと

タネがカビてしまいます。

そして、

まだまだ、タネが残っています。

だって、たしか700粒くらい輸入したからね。

この残ったタネも早く植えないと、

発芽率が極端に減っていきますから、

今年中に全部植えたいと思います。

でも、多分発芽するのは僅かなんでしょうね。

その中からちゃんと成長させることが出来るのは、

何本でしょうか?

タネはカビているので、人に譲る事は出来ませんが、

苗だったら、あげたいと思っています。

もし、10本とか苗が育ったらの話ですけどね(^_^;)

700分の10とかって、ありえる?

結局は、タネを買わずに苗を買った方が安上がりなんでしょうけど、

タネから育てるのって楽しいです(^^)

ほしい時に売っていないのが、ココロバですし。

さて、

うさぎゴケの実生です。

こちらも、乾燥ミズゴケで発芽をと思い、

入れていたのですが、

中身はこんな感じになりました。

これって、うさぎゴケじゃなくて、

乾燥ミズゴケが復活したんじゃない?

他の容器の乾燥ミズゴケも、

同様に苔が生えてきています。

ちなみに、こちらは、他のタネを入れた容器です。

完全にミズゴケですね〜

この乾燥ミズゴケ、

消毒するのに、水を吸わせてから

電子レンジでチンしたので、死んでいると思っていたのですが、

それでも復活するって、どういう生命力なんでしょう。

本当にミズゴケなのか、

もしかして、うさぎゴケなんじゃないのか?

もう少し様子を見てみようと思います。

最後に、

モンステラの怪物!

モンステラバリエガータ

葉がでっかいんじゃ〜!

鉢の底から根が恐ろしいくらい出ています。

写真を撮り忘れてしまったのですが、

鉢を壊さないと植え替え出来ません!

そんなモンステラバリエガータ

植え替えしたら、超でっかくなりそうです。

モンステラを集めたら必ず欲しくなる

バリエガータ、

育てるには覚悟が必要かも。。

まだ他にも、

成長記録を書きたいのですが、ここまでにします。

つづく。。

(。◕ˇε ˇ◕。)♡